top of page

repo.6 YC余目

〝 庄内に新風を吹き込む若手のホープ 〟

庄内町の読売センター(YC)余目の色摩亮店長(27)は、2023年11月に着任した気鋭の若手だ。生まれ育った山形を離れて都会のYCに飛び込み、横浜、東京、愛知でキャリアを積んで…

>>> この記事の続きを読む

sr5_tn.jpg

repo.5 YC天童

〝 新聞販売店で働くということ 〟

住み慣れた地域で、生きがいを感じる仕事を見つけたい。誰でも願うことだが、実現はなかなか難しい。読売センター(YC)天童の岩松成治店長(27)は高校卒業後に合う仕事がなかなか見つからず、悩んでいた時に…

>>> この記事の続きを読む

sr4_tn.jpg

repo.4 YC村山

〝 市民ランナー所長、羽州路を走る 〟

県内でも有数の豪雪地を抱える読売センター(YC)村山に、南昌夫所長(52)が着任したのは昨年12月の冬だった。南国・高知の出身で、山形はもちろん雪国暮らしも初めての体験。いきなりの豪雪に戸惑いながらも…

>>> この記事の続きを読む

repo.3 YC小松

〝 人情にあふれた町で、新聞を届ける喜び 〟

読売センター(YC)小松のある川西町は昨年8月の豪雨でため池の堤が崩壊し、町の中心部が水没した。店は浸水を免れたが高橋元気所長の自宅が被災し

>>> この記事の続きを読む

repo.2 (株)読売蔵王

〝 「読売蔵王」グループ創立35周年 歌謡ショーや祝賀会開催 〟

「まごころ販売」を掲げてYC寒河江など読売新聞販売店(YC)4店舗を経営し、産地直送販売などの事業を展開する「読売蔵王」(鐘下勝彦代表取締役)グループが3月10日、創立35周年を迎えました。その節目を記念した…

>>> この記事の続きを読む

repo.1 YC山形中央

〝 伝統と地域の信頼を引き継ぐ決意 〟

読売センター(YC)山形中央は山形市の中心部、アズ七日町南側の本町商店街にある。創業から88年、伝統の販売店を2022年10月に引き継いだのが所長の伊藤一也さんだ。山形県内YC27店をまとめる所長の中でも

>>> この記事の続きを読む

bottom of page