top of page

山形支局長 宮崎 敦

1967年生まれ。
東京から山形に赴任して、今年4月
で丸2年を迎える。
雪うるいが店先に並び始めて、ちょっとうれしい。
本格的に春になったら、地元の山菜料理と、
山形のひな人形、ひな飾りを楽しもうと思っている。

読売新聞山形支局長 宮崎 敦

 

 

 

202402

 

今年は暖かい冬になりました。外出はしやすいですが、蔵王や周囲の雪が少ない冬には寂しさも感じます。

 

子供の頃、母親が新聞の折り込み広告をよくチェックしていました。お店の情報を街の人に知ってもらいたい時、近くのお店のお得な情報を知りたい時、新聞の折り込み広告は役に立ちます。折り込みを使った健康法があります。きょう買いたい物に印を付け、価格を比べて、予算に収まるよう紙で計算し、お店を回る順番を決めて、買い物に出かけます。頭の体操になり、歩く習慣が身について、自分の体も街のお店も元気になります。新聞折り込みの価値、見直してみませんか。折り込み広告のご希望は、最寄りの読売センター(YC)ご相談ください。

 

3月、東日本大震災から13年になります。能登半島地震の復興は、まだ始まったばかりです。被災から立ち上がる人の姿、将来の地震災害への備えを、読売新聞は伝えていきます。

「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞がお届けします。

 

 

 

 

202401

 

元日に大きな地震がありました。山形県では31年ぶりに津波警報が発令され、不安な夜を過ごした方も多かったと思います。県内にもマグニチュード7クラスの大地震を起こす活断層があります。自宅の耐震診断、防災用品の準備、避難経路、家族との連絡方法の確認はお済みでしょうか? 1月11日朝刊27面では「防災ニッポン特別編」として、冬の避難所生活のポイントをまとめています。保存して活用してください。

読売新聞は能登半島地震の被災地に、全国から記者を派遣しています。山形支局の記者も1月6日から能登に入り、きょうも取材を続けています。被災地に必要な支援は日々変わります。生活物資の供給、電気や水道、道路などの復旧、避難所の環境改善、住まいの安全確保、雪や寒さの対策、高齢者や子どものケア、ペットの避難・・・。被災者一人一人の話に耳を傾け、いま必要な支援をいち早く見つけ、全国に発信するために、新聞記者は走り続けます。

「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞がお届けします。

 

 

 

202312

 

山形支局長の宮崎敦です。年の瀬が近づきました。先日、山形に来て初めて青菜漬け作りに挑戦しましたが、塩抜きが不十分で塩辛くなりました。でも青菜の辛みが本当においしい。炒飯など料理にして食べようと思います。


みなさんの今年1年は、いかがだったでしょうか。山形でも祭りやイベントが復活し、旅行者の姿が増え、歓楽街のにぎわいがだいぶ戻ってきました。跳躍の卯年が終わり、天に昇る辰年が来ます。曇り空の上にある青空へ、来年は毎朝元気になれるニュースを紙面でたくさん届けたいと願っています。

 

2024年はパリ五輪の年。山形県版の新年連載は「つなぐ スポーツの力」を予定しています。スポーツには国の壁、地域の壁、年齢の壁、様々な壁を越えて人と人をつなぐ力があります。県民アスリートの活躍、市民スポーツの普及が山形の人をどうつないでいるのか、記者がルポします。「確かな情報 山形も、世界も」。来年も、街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。

 

 

 

 

202311

 

山形支局長の宮崎敦です。今年はあっという間に秋が去ってしまい、田畑も野山も冬支度を急いでいるようです。


山形市十日町にある洋風建築「旧吉池医院」、11月20日まで行われた内部公開でお邪魔しました。吉池家と地元有志の方の協力で実現したそうです。おしゃれな内装で、「附受」など右読みプレートに時代を感じます。年配の女性が「昔、弟がここで診察を受けました」と懐かしそうに話していました。山形県では、昔の蔵や年代物の建築物をあちこちで見かけます。市民の思い出に残る、街のシンボルのような建物もあるでしょう。すべてを保存するのは無理ですが、映像等の記録を残す方法もあります。街の宝物として後世に引き継げる方法はないか、行政と市民が一緒になって知恵を出し合えればと思います。


12月になると「日本・海外10大ニュース」の募集が始まり、紙面でも年の瀬を感じます。県版では年末、支局記者がこの1年間の取材で感じた喜びや苦労をつづるコラム「記者ノート」を掲載します。記者はみなさんたちとの出会いを振り返りつつ、すでに新年連載の取材に飛び回っています。県版の紙面にご期待ください。「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。

 

 

 

202310

 

山形支局長の宮崎敦です。年の瀬が近づきました。先日、山形に来て初めて青菜漬け作りに挑戦しましたが、塩抜きが不十分で塩辛くなりました。でも青菜の辛みが本当においしい。炒飯など料理にして食べようと思います。


みなさんの今年1年は、いかがだったでしょうか。山形でも祭りやイベントが復活し、旅行者の姿が増え、歓楽街のにぎわいがだいぶ戻ってきました。跳躍の卯年が終わり、天に昇る辰年が来ます。曇り空の上にある青空へ、来年は毎朝元気になれるニュースを紙面でたくさん届けたいと願っています。

 

2024年はパリ五輪の年。山形県版の新年連載は「つなぐ スポーツの力」を予定しています。スポーツには国の壁、地域の壁、年齢の壁、様々な壁を越えて人と人をつなぐ力があります。県民アスリートの活躍、市民スポーツの普及が山形の人をどうつないでいるのか、記者がルポします。「確かな情報 山形も、世界も」。来年も、街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。

 

 

 

202309

 

山形支局長の宮崎敦です。酷暑がひと段落し、ようやく朝夕に涼しい風を感じる季節になりました。どこも稲穂が黄色に染まり、山形に待望の秋到来という気がします。


週末、蔵王の御釜に行ってきました。噴火口の山肌は荒々しく、エメラルドグリーンの水は幽玄とした美しさ。大きな鬼が入る温泉のようです。熊野岳から刈田岳に続く「馬の背」は、山の国・山形でも宝物と言える屈指の景観です。海外の方も多くいて、日常が戻りつつあることも感じました。紅葉シーズンが待ち遠しいです。


山形大学医学部が9月で創立から50年となります。県内で活躍する卒業生のお医者さんも多いでしょう。地域医療を大切にしてきた半世紀と未来を、連載で伝える予定です。芸術の秋も本番。恒例の読売書法展・東北展は10月25日~29日、山形市の山形美術館と山形県芸文美術館で開催です。ぜひご覧ください。


「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。

 

 

​|

202308

 

山形支局長の宮崎敦です。お盆が過ぎましたが、県内は猛暑が続いています。熱中症は、夜に寝ている間にも起きます。

水分のこまめな補給、体調の管理に引き続き努めましょう。「花笠 笑顔も踊る」。8月6日朝刊の県版は、4年ぶりに

通常開催となった山形市の花笠まつりを、この見出しと4枚のカラー写真で伝えました。踊り手も観客も笑顔、笑顔。

待ちわびた祭りを楽しむ空気が街にみなぎっていました。花笠まつりに限りません。この夏、県内の祭りやイベントに

確かな活気が戻っています。読売新聞はみなさんの熱意と笑顔を伝え、元気な郷土を応援します。

9月は県都の山形市長選、最北の新庄市長選が、10日にダブル投開票の予定です。コロナ禍から再出発する街の未来を

どう描くべきか、両市の現状や課題を記者が取材中です。ご期待ください。「確かな情報 山形も、世界も」。

今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。

 

 

​|


202307​

 

山形支局長の宮崎敦です。梅雨が明け、県内は連日の猛暑です。熱中症なのに室内で気づかず、悪化するケースがあるそうです。自宅でも冷房や水分補給など対策を忘れないようにしましょう。

読売新聞の読者参加企画の一つ「USO放送」は、ニュースを十数文字で風刺するミニコーナーです。全国から作品が集まる中、山形から全国版で5月に2本、6月に4本掲載され、4月と5月は連続で月間賞に輝くなど山形のレベルが急上昇中です。県版の水曜日には読者の俳句、短歌、川柳を紹介する「よみうり文芸」もあります。この夏、毎朝の新聞が楽しくなる趣味を作りませんか? 投稿の挑戦をお待ちします。

夏の県版は連載や企画記事が盛りだくさんです。9月に迫った山形市長選や県南部豪雨一年などのニュース、戦後78年、お酒などの読み物も予定しています。こちらもお楽しみに。「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。




202306

 

山形支局長の宮崎敦です。新酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会で山形の酒20銘柄が金賞となり、受賞数日本一になりました5月25日県版で金賞全銘柄を掲載しましたが、これを機に全国で知名度を上げたいところです。山形の酒は味の個性派が多いと感じます。ならば山形産の山菜、きのこ、米沢牛、庄内豚、そば、各地の芋煮など、地元料理や食材ごとに合う「推し酒」を選んだら左党に好まれるのでは? 一緒に県産果実のワインやジュースも勧めたら、県の食産業が元気になるかもしれません。


7月は全日本バレーボール小学生大会(全小バレー)県予選が1、2日に山形市で開かれるほか、夏の高校野球県大会、全国高校総体(北海道、カヌー競技は8月に西川町)などスポーツイベントが目白押しです。

 

選挙は7月に尾花沢、飯豊、東根、8月に最上、戸沢、高畠、山辺の各議員選、酒田市長選が予定されています。暑い夏に負けず、山形を元気にするニュースを発信していきます。「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。

 

 

​|


202305

山形支局⾧の宮崎敦です。3年以上続いた新型コロナウイルス禍 に、ようやく出口が見えてきました。大型連休中の山形駅、お孫さんたちを出迎える家族の笑顔を見たとき、当たり前だった光景が戻ることの幸せを感じました。とはいえコロナが残した爪痕は深く、物価高や燃料費の高騰が引き続き生活を苦しめています。何もかもがコロナ前の状態に戻ることは、難しいかもしれません。それでもマスクを外した人と人の交流が進めば、地域や社会は少しずつ元気になるはずです。県期待のサクランボの新品種「紅王(べにおう)」が、6月に本格デビューします。山形市の夏の風物詩「花笠まつり」は、4年ぶりに通常開催となります。今年は新しい動きも、当たり前の日常が戻ることも、ニュースです。読売新聞はこの1年、コロナ禍から立ち直り、立ち上がる人と地域の姿を追いかけます。

 
「確かな情報    山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の 動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。


 


202304

読売新聞山形支局長の宮崎敦です。昨年4月に東京から転勤し、蔵王や月山の名峰を毎日眺める幸せを感じています。


読売新聞の発行部数は1日約700万部(2021年下期平均)。発行部数は世界一、全国の世帯普及率は11.7%です。日本で一番読まれ、親しまれている新聞です。届いた読売新聞を、広げてみてください。世界情勢から身近な生活の話題まで、たくさんの記事であふれています。世界各地、日本全国の読売記者が、今この瞬間もニュースを取材し、確かな事実を、確かな文章で伝えます。読売新聞は、質の高い紙面を毎日作り、自由な社会と、活字文化を守ります。新聞は世界を知り、日本を知り、文章を学び、考える力をつけてくれます。

 

小学生にはKODOMO新聞、中学生や高校生には読売中高生新聞、時事英語学習にはThe Japan Newsがあります。

NIE*教材の提供、文章力・取材技術・最先端ニュース解説などの出前授業も無償で承ります。

山形支局(023-624-2121)またはお近くのYC販売店に、ご相談ください。

*NIE・・・NIE(Newspaper in Education)学校などで新聞を教材として活用する活動




202303

山形支局長の宮崎敦です。まもなく統一地方選です。国政選挙とは、ひと味違います。選挙に出るのは、みなさんの地域をよく知る人たちです。選挙では、地域の未来がたくさん語られます。働きがいのある街、子育てしやすい街、病院に通いやすい街、商店街が元気な街、若者が住みたくなる街・・・。あなたが一番いいね!と思う地域の未来に、1票を託しましょう。
 

県版は山形の政策課題、争点を集中的に特集します。3月下旬の連載では、地方政治家の1日を紹介するミニコーナーも載せる予定です。議員さんや市町村長さんはどんな仕事をして、みなさんの役に立っているのか? 読売新聞で、身近に感じてください。 


「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。





202302

山形支局長の宮崎敦です。蔵王や月山はまだ雪帽子ですが、ひな飾りの話題が県内各地から届いています。江戸時代から残る伝統びな、傘福が下がる酒田のひな壇など、多彩な飾りを見るうちに「山形の春はひな祭りと一緒に来るんだ」と気づきました。白一色の冬から色彩あふれる春へ、おひな様と共に人の心も衣替えする。東京暮らしでは味わえない新鮮な感覚でした。
 

卯年の卯月、統一地方選があります。今回の統一選は新型コロナで「失われた3年」からあなたの街がどう元気を取り戻すか、その道筋を決める選挙です。記者はみなさまの地域の課題を毎日、足で取材しています。3月の県版にご期待ください。

「確かな情報 山形も、世界も」。今月も街ダネから世界の隅々の動きまで、読売新聞が毎朝お届けします。




202301

読売新聞の宮崎敦です。寒さは苦手ですが、初めて迎える山形の冬は樹氷見物が楽しみです。山形で11年ぶりとなるインターハイ・スキー大会が2月7~11日、最上町、上山市、山形市にやってきます。県勢の活躍と熱気を伝えるため、記者が雪上取材に奮闘します。未来の五輪候補が現れるかもしれません。お見逃しなく。
 

松尾芭蕉も愛した山寺は冬に見ると水墨画のようです。山形支局では毎週水曜「よみうり文芸」欄の俳句、短歌、川柳を募集しています。初心者大歓迎。はがきでお気軽に1句、支局(990-9543 山形市松山3-14-69)までお寄せください。

週1回、新聞を開く朝の楽しみが増えますよ。


「確かな情報 山形も、世界も」。近くの街ダネから混迷する世界の動きまで、

読売新聞がみなさまの手元に毎朝お届けします





202212

 

 

読売新聞山形支局長の宮崎敦です。4月に東京から来ました。山形の冬は初体験で、晴れた日に雪を冠した蔵王や月山はまさに絶景!水も酒も野菜も果物もおいしい山形を満喫しています。
 

紙面では12月、記者がこの1年で出会った人との交流や取材の思いをつづる「記者ノート」を掲載中です。あなたの街を訪れる記者の素顔が見える読み物です。新年には多彩な山形の魅力を探す連載「彩発見!やまがた」をお届けします。
 

読売新聞は朝刊発行数が1日703万部(21年11月現在)。全都道府県と海外27か所に取材網を置く、日本で一番読まれる新聞です。

 

「確かな情報 山形も、世界も」。近くの街ダネから世界の動きまで、読売新聞にご期待ください。

bottom of page